ロボアドバイザー とは人ができない最適な資産運用をす人工知能

人工知能を駆使したロボアドバイザー とは

最近つみたてNISAやiDeCoなど、自分で資産形成をする動きがありますよね。その中でロボアドバイザー(ロボアド)という言葉を聞かれた方も多いと思います。では、ロボアドバイザー とはいったい何なのでしょうか。ロボアドバイザー とは人工知能(AI)の発達にともなって生まれた資産運用のシステムです。以前より最適な資産運用方法は学術的に研究が進んでいました。そしてその研究成果をプログラミング化することで自動的にかつ最適な資産運用を行えるようにしたのです。その資産運用法は、高いリスクを取って大儲けを狙うのではありません。世界で起こりうる様々なリスク(不安定な事象)と各種資産への影響度を把握して安定的に資産を増やしていくことに終始取り組むのです。このような作業をファンドマネージャーなど「人の手」で行うとその人の思考や感情が入り、相場や市場の乱高下に運用作業が乱される可能性があります。しかしその作業をAIの機能として行うことで感情に振り回されない効率的な資産運用ができるようになったのです。

ロボアドバイザー とは主に2種類あります

現在の日本ではロボアドバイザーによるサービスを行っている会社が数社あります。各社様々な特徴を持っています。そしてロボアドバイザーは「投資一任型」と「アドバイス型」の2種類に分けることができます。投資一任型ロボアドバイザー とは顧客の状況や希望に合った資産運用を提示し、それに従った資産の売買を自動的に行ってくれることが特徴です。運用の作業が機械化されているので手数料も比較的安いと言われています。支払う税金を最小限に抑える機能を持っているロボアドバイザー会社もあります。アドバイス型ロボアドバイザー とは定められたいくつかの質問に答えるだけで、最適な資産バランスを提案してくれるタイプです。このロボアドバイザーでは実際の売買作業を自分の手で行う必要があります。その代わり、サービスのある証券会社の口座を持っていれば、無料で行えることがあります。また現状では投資一任型ロボアドバイザーではつみたてNISAやiDeCoとの同時使用ができません。しかしアドバイス型であればアドバイスで勧められた投資信託などをつみたてNISAやiDeCo口座で買うことができます。

ロボアドバイザーを比較しながら紹介していきます

ロボアドバイザーメンテナンスを比較

ロボアドバイザーとは、投資者初心者でもテクノロジーの力を借りてプロの投資家が行なっているような投資を実現できるサービスです。
自動で金融商品の売買や調整を行ってくれますが、提供している所によって特徴が違います。
ロボアドバイザーを提供してくれているのは、ウェルズナビやVESTA、楽ラップなどがあります。
比較するところでは、ロボアドバイザーが自動でメンテナンスをしてくれるかがポイントになります。
メンテナンスがうまくいかなければ、損失が出てしまうことがあるからです。
ウェルズナビや楽ラップなどは投資一任型になっており、自動メンテナンスは自動で行なってくれます。
VESTAの場合はアドバイス型のロボアドバイザーなので、自分でメンテナンスを行う必要があります。
定期メンテナンスを行うのは初心者では難しい場合が多いので、間違った運用をしてしまうことがあります。
初心者の場合で比較してみると、VESTAよりもウェルズナビや楽ラップが良いと言えます。

ロボアドバイザーの実績を比較する

ロボアドバイザーを使用するときに気になるのは、手数料がいくらかかるかです。
自動で使用できても利益を出すことができなければ意味がありません。
ロボアドバイザーの運用実績を比較してみると、ウェルズナビが総合評価で1位となっており、2位は楽ラップ、3位にTHEOとなっています。
最高運用実績がウェルズナビの場合は16.2%、楽ラップが15.6%、THEOが12.9%となっています。
運用実績を見てみるとウェルズナビが1番良いと言えますが、楽ラップも僅差での2位となっているため、どちらも運用実績は高いと言えます。
仮にウェルズナビに100万円の投資をしていれば、1年で116万2000円となっており、楽ラップであれば115万6000円になります。
運用実績は比較してみると利益の変化も分かるので、このあたりを参考にすることができます。
ただ、株式の影響によっては運用実績も変化することがあるので、その点は注意しておかなければなりません。

ロボアドバイザーの利回りについて紹介していきます

ロボアドバイザーの利回りについて

初心者の投資家であっても、ロボアドバイザーを利用することによって、プロの投資家のように利益を出すことができるということで、注目を浴びています。
ロボアドバイザーを利用して投資をする際に注目できる部分はいろいろありますが、利回りの点についても気になるはずです。
ロボアドバイザーを提供している所では、ウェルズナビやTHEO、楽ラップなどがあります。
利回りの各実績を見てみるとウェルズナビが10.65%、THEOが3.75%、楽ラップが3.45%となっています。
利回りの点だけで注目するならば、ウェルズナビが1番良いです。
ただ、利回りが良いということは利回り分のリスクもあるということなので、利回りだけでロボアドバイザーを決めるのは良くありません。
利回りによるメリットとデメリットを把握しておいて、ロボアドバイザーを決める必要があります。
単純に大きく利益を狙いならば、利回りの良いロボアドバイザーを使用して、そうでないなら利回りの低いロボアドバイザーで良いと思います。

ウェルズナビのロボアドバイザー利回り

各業者でロボアドバイザーを利用することができますが、ウェルズナビでロボアドバイザーを利用した場合の利回りについて紹介していきます。
ウェルズナビが利回りとしては1番良かったですが、実際にウェルズナビのロボアドバイザーを使用した人の口コミを見てみると、1年間ほどでドル建て+9%、約半年で9%の利回りを記録、ウェルズナビで10%の利回りを記録したけど一気に落ちて今は2%、などの口コミがあります。
ウェルズナビを利用して利回り10%近くまで行く人は割と多いかもしれませんが、世界的に大きな出来事が生じてしまうと影響を受けて利回りが落ちてしまうことにもなりそうです。
ただ、例えロボアドバイザーで利回りを下回って損失が出てしまっても、自分で投資をするよりは損失を抑えることができるはずです。
また、10%の利回りを出している人は得をしている人が多いので、ロボアドバイザーを利用して利回りから利益を得るのも良いと思います。

ロボアドバイザーのデメリットはどういう点があるか

ロボアドバイザーの一番のデメリット

これからロボアドバイザーを使って投資をしようと思っている人の中にはどういう事でこれを使うデメリットがあるかと思っている人もいるかと思います。

ではこれを使う事で起きるデメリットで確実にあるのが元本割れのリスクがあるというのがあります。なのでこれを使って絶対に利益を出せると思って使ってはいけないです。

そこがこれを使って感じる事になる一番のデメリットになります。
中にロボアドバイザーを投資を任せれば適切な投資を機械の判断でやってくれると
思ってやってもらえばある程度の利益にはなると思っている人もいるかと思います。

ですがそれは大きな間違いです。なぜならいくら機械の判断で正しく投資先を選んでくれても相場が荒れる時は大きく荒れるからです。

その時はいくら正しい判断で投資をしても元本が割れる事があります。
なのでロボアドバイザーを使う事で生じる一番のデメリットは場合によっては
元本割れを起こす事があるという事になります。

ロボアドバイザーの他のデメリット

また意外と多くの人がロボアドバイザーを使う事のデメリットがどういうのが分かってない事が多いです。特に投資をやる時に多くの人が思うがすぐに利益を出せると思っているというのがありますがロボアドバイザーを使った投資の場合は投資をしてもすぐには利益を出せないです。

なのでこの点でもロボアドバイザーはデメリットがあると言えます。
またロボアドバイザーを使って投資をすれば自分の判断で投資をしなくても
良い分手数料がかかります。

なので手数料もかかってさらにすぐには利益を出せないという点であまり
良いと感じない人もいるかと思います。

つまりこの方法で投資をしてもすぐには利益が出ない上に手数料もかかるので
それでは困るという人には魅力に感じない人には大きなデメリットになります。

ただこのくらいなら別に大きな問題ではないという人にとってはロボアドバイザーを使った投資もそこまで大きなデメリットにはならないと思います。

ただ多少なりともデメリットがあるのがロボアドバイザーを使った投資になります。

ロボアドバイザーNISAについて紹介します

ロボアドバイザーをNISAで利用できるか

投資をする際に、ロボアドバイザーを利用して投資の利益を狙うことができます。
ロボアドバイザーは自動で取引を行ってくれるので、自分で取引をしなくても利益を狙うことができます。
ロボアドバイザーの利用はとても便利ですが、NISAとロボアドバイザーを一緒に利用したいと思う方もいるかもしれません。
NISAは少額投資非課税制度のことですが、NISA口座で投資した商品で利益が出ても税金を取られないという制度です。
仮に100万円を投資して200万円になったとしたら、100万円の利益が出ているので、約20%ほどが税金として取られてしまいます。
NISAであれば非課税なので、税金を取られなくて済むということです。
そのため、ロボアドバイザーで利益を出した時に利用したいNISAです。
結論から言うと利用することは可能です。
しかし、ロボアドバイザーのアドバイス型だけNISAを利用することができ、投資一任型の場合は利用できません。

ロボアドバイザーでNISA利用の注意点

ロボアドバイザーでNISAを利用する際はアドバイス型を利用する必要がありますが、NISAを利用して運営する際は注意点があります。
まずは、NISAの種類によって年間の上限が変わってしまうことです。
NISAには現行NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの3種類がありますが、それぞれ年間の投資可能上限額が決まっています。
NISAであれば120万円、つみたてNISAであれば40万円、ジュニアNISAであれば80万円です。
この上限額以上は投資できません。
そしてNISA口座では損益通算を行うことができません。
普通の口座であれば利益が出た金額が100万円であり、他の口座で20万円の損失が出れば、80万円の利益として税金が課されます。
しかし、NISA口座であれば、20万円の損失が出ても100万円の利益で税金が課されます。
NISA口座では利益を出して行くことが必要です。
ロボアドバイザーでNISA口座を使用する時は、この点に注意もしてください。

ロボアドバイザーを利用する際に気をつけたい税金について

ロボアドバイザーの口座開設と税金

ロボアドバイザーを利用する際には税金関連のことも気をつけておくと後々便利になります。ロボアドバイザーも証券会社を利用する際と同じように口座開設をする必要があるのですが、この時に選んだ種類によって税金の確定申告をしなくてもよくなります。一般的なロボアドバイザーを利用する際には、特定口座と一般口座を選択することができます。特定口座にはさらに種類があり源泉徴収がありのものと無しのものを選択でき、源泉徴収ありのものを選ぶとロボアドバイザーの会社の方で税金の納付をしてくれるので、こちらは初めての方におすすめです。これ以外の特定口座で源泉徴収が無しのものや、一般口座を選んだ場合には自分で確定申告をする必要があります。副業などでロボアドバイザーを利用した投資の場合には、収益額が20万円を超えると確定申告をする必要があるので常に気をつけておくと良いでしょう。もし不安があるのならばロボアドバイザーを利用する際には、源泉徴収があるの特定口座で開設するようにしましょう。

ロボアドバイザー関連の特殊な税金例

ロボアドバイザーに関しては国内の商品を選んでくれることも多いのですが、それ以外にも海外の商品に投資をしてくれるケースも多いです。この場合には海外の商品なので、該当する国の税収に則って税金が課税されます。この課税額が引かれた後にも日本国内では課税がなされるので、実質的には二重課税となるケースがあります。この場合の課税に関しては確定申告を行うことで、海外の課税額を取り戻すことができるのでこの辺は手動でチェックを怠らないようにしましょう。

ロボアドバイザーのサービスには株式投資としての側面があるケースも多く、その場合には損益が出るとこれを損益通算として繰り越すことができます。また他の株式投資などで損益が出ている際には確定申告をすることで、ロボアドバイザーによって源泉徴収された分の税金が還付される可能性があります。これら税金の特殊例に関しては各ロボアドバイザーのサービス会社によって異なってくるので、事前にチェックをしておくと安心です。

投稿日:

Copyright© ロボアドバイザーで儲ける!徹底比較でわかったおすすめのサービスとは? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.